Pythonとシェルスクリプトで、画像フォルダ名の末尾に撮影年を付加するものをつくった

カメラの画像フォルダ名は連番で付加されますが、同じメーカーのカメラを複数使っていると、そのうち衝突してしまう恐れがあります。そこで、画像フォルダ名の末尾に撮影年を付加することにしました。たとえば、906MSDCF_2016のようにです。

ls -1

の結果のうち反映させたいディレクトリをrenamedirs.txtに入れて、実行すると動きます。うまく動かなかったものについては手で修正する前提なので、例外処理などはしていません。

カテゴリー: コンピュータ, Python | コメントをどうぞ

Fujitsu/ORACLE SPARC Enterprise M3000などのメンテナンスキーは、モノタロウで売ってる

結論から言うと、NKKスイッチズ SK-12Aというものです。

SK-12AAS1 ネジ取付形 超小型キーロックスイッチ SKシリーズ 1個 NKKスイッチズ(日本開閉器) 【通販モノタロウ】 38445127

679円でキーが2つもついてくるなんて、お得ぅ!

SPARC Enterpriseの他の機種でも共通で使えるかもです。

カテゴリー: コンピュータ | コメントをどうぞ

家庭内APをcisco Aironet AIR-AP1162Nに更新した

1162Nがめっちゃ安く出ていたので、1142Nから更新しました。

データシートを見たところ基本性能はほとんど変わりなさそうですが、アンテナが外付けなぶん、多少感度がいいようです。

コンフィギュレーションをちょっと晒します。まあこんなもんでしょうか。家庭内で使う分にはこれでよさげです。

no service pad
service timestamps debug datetime msec
service timestamps log datetime msec
service password-encryption
!
hostname ap1262n
!
!
logging rate-limit console 9
enable password 1 mypassword
!
aaa new-model
!
!
aaa authentication login default local
aaa authorization exec default local 
!
!
!
!
!
aaa session-id common
clock timezone +0900 9 0
no ip source-route
no ip cef
no ip domain lookup
ip name-server 192.168.0.1
!
!
!
!
dot11 pause-time 100
dot11 syslog
!
dot11 ssid MySSID
   authentication open 
   authentication key-management wpa version 2
   guest-mode
   wpa-psk ascii 1 mypskpskpsk
!
!
!
no ipv6 cef
!
!
username mipsparc privilege 15 password 1 mypassword
!
!
bridge irb
!
!
!
interface Dot11Radio0
 no ip address
 !        
 encryption mode ciphers aes-ccm 
 !
 ssid MySSID
 !
 antenna gain 0
 speed  basic-5.5 basic-11.0 6.0 9.0 12.0 18.0 24.0 36.0 48.0 54.0 m0. m1. m2. m3. m4. m5. m6. m7. m8. m9. m10. m11. m12. m13. m14. m15.
 packet retries 128
 channel 2472
 station-role root
 no dot11 extension aironet
 bridge-group 1
 bridge-group 1 subscriber-loop-control
 bridge-group 1 spanning-disabled
 bridge-group 1 block-unknown-source
 no bridge-group 1 source-learning
 no bridge-group 1 unicast-flooding
!
interface Dot11Radio1
 no ip address
 !
 encryption mode ciphers aes-ccm 
 !
 ssid MySSID
 !
 antenna gain 0
 peakdetect
 no dfs band block
 speed  basic-12.0 18.0 basic-24.0 36.0 48.0 basic-54.0 m0. m1. m2. m3. m4. m8. m9. m10. m11. m12. m13. m14. m15.
 packet retries 128
 channel width 40-above
 channel 5220
 station-role root
 no dot11 extension aironet
 world-mode dot11d country-code JP indoor
 bridge-group 1
 bridge-group 1 subscriber-loop-control
 bridge-group 1 spanning-disabled
 bridge-group 1 block-unknown-source
 no bridge-group 1 source-learning
 no bridge-group 1 unicast-flooding
!
interface GigabitEthernet0
 no ip address
 duplex auto
 speed auto
 bridge-group 1
 bridge-group 1 spanning-disabled
 no bridge-group 1 source-learning
!
interface BVI1
 ip address 192.168.0.2 255.255.255.0
!
ip forward-protocol nd
ip http server
no ip http secure-server
ip http help-path http://www.cisco.com/warp/public/779/smbiz/prodconfig/help/eag
!
!
!         
bridge 1 route ip
!
!
!
line con 0
line vty 0 4
 transport input all
!
sntp server 133.243.238.163
end
カテゴリー: コンピュータ, 通信, 買った | コメントをどうぞ

3重化バックアップシステムをつくった

過去にとった写真などを大切にとっておきたいので、安全性の高いバックアップシステムをつくりました。

やったことは単純で、

・サーバマシン内でプライマリHDDとセカンダリHDDで一時間おきにファイルを同期 (RAIDだと柔軟性が低いためと、オペミスしたときに1時間までなら簡単に復活できる)

・家の中の離れた場所に、余っていたNETGEAR ReadyNAS102を設置し、中に入っているDebianを設定してSSH公開鍵を入れて、サーバからrsyncで同期するようにした

だけ。ファイルが削除されたり上書きされた時に警告する仕組みがほしいのだけど、今のところないです。ReadyNAS、NASとしての性能はびみょいけど、Debianで柔軟性があるのはいい。

rsync.hourlyは

#!/bin/sh

rsync -a --update /primhd/pict /sechd
rsync -a --update /primhd/doc /sechd
rsync -a --update /primhd/music /sechd
rsync -a --update /primhd/pict admin@readynas:/primhd
rsync -a --update /primhd/doc admin@readynas:/primhd
rsync -a --update /primhd/music admin@readynas:/primhd

こんな感じ。

HDDは経年していたので、すべてこの春に新品のWD20EZRZに揃えてある。意識はしてないけど、買った店は違うので、特定ロットによる不具合とかは発生しにくそう。高級HDDだって壊れるときは壊れるので、それより台数があったほうがいいと思う。

カテゴリー: コンピュータ | コメントをどうぞ

Cisco Aironet 1142N teardown and inside photo 分解記録

Aironetが余っていたので、ちょっと開けてみました。

流石に丁寧な作りです。やっぱりPPCのメインボードとRFはPCIeでつながってるんですかね? Aironet 1252AGはMiniではない大きなPCIeでした。端子だけというわけではなくて、信号も規格通りな気がします。あくまで予想ですが。業務用APでもRFはこの程度の大きさなんですね、ちょっと驚き。

破壊するのも嫌なのでさっさと現状復帰しました。

カテゴリー: 通信 | コメントをどうぞ

SIM/ICカード遊びの話

sysmocom sysmoSIM-GR1(と思われるもの、すくなくともATRは同一)があきばおーで生シムとして売られているので、ちょっと遊んでみました。

pysimでプログラミングができます。一度実際にプログラミングができましたが、GrcardSIM – Cellular Infrastructure – Open Source Mobile Communications ここに書いてあるイレース用のAPDUコマンドをOpenSCで流し込んでもリセットはされるものの二度と書き込めません。あれぇ… pysimで細かいところが未実装っぽい?

pysimで任意のOperator name,Country code,MCC,MNC,ICCID,IMSI,Kiなどを持つSIMカードが錬成できるので面白そうなのですが、W-CDMAシグナリングテスタでも買わないと使いみちがないのが難点です。MSISDNも変更できれば任意の電話番号のSIMカードが錬成できてとっても楽しいのですが… pysim、最近は更新が止まっている模様で悲しいです。Pythonなので一応私も書けなくはないのですが

なお、JavaCardとしても使えるっぽいです。そうそう、JavaCardはそのうちやりたいなと思っていて、手元に実際にカードが5枚あるのですが、まだエミュレータを触って放置している段階です。

ISO7816-4に準拠したAPDUでICカードと対話できる人間になってみたいです。ICカードって、カードの中にコンピュータが入っていて素敵じゃないですか?

カテゴリー: コンピュータ, 通信 | コメントをどうぞ

軌道モータカー 富士重工業 TMC-400A のはなし

みなさん、保線してますか。

最近は保線車両、とくにモーターカーに魅力を感じて、積極的に撮影などをしています。隠れていますが、貴重な身近に見られる小型ディーゼル機関車です。そのなかでわたしの行動圏のJR東日本の側線でよく目にするTMC-400Aという子がいます。この子は富士重工業(先日株式会社SUBARUになりましたね)製で、平成3年前後に生産されていたようです。今回はそれの写真特集です。

秋葉原駅付近 万世橋駅跡

マーチ エキュートからガラス越しに撮った写真です。かわいいフォルムをしています

木更津駅

お気に入りの交通建設の塗装です。今作っている模型はこれの塗装です。ミクカラー!

荻窪駅

とても近くから鑑賞できます。

けん引・速度性能表

線路勾配 けん引重量(TON) 単車走行[KM/H] 重量けん引時[KM/H] 積載荷量(TON)
0 250 50以上 45以上 0.5
10/1000 220 50以上 10以上 0.5
25/1000 100 50以上 10以上 0.5

荻窪駅のプレートから、TMC-400Aの性能がわかりました。

ほかにも、中野の新宿方、三鷹の高尾方に保線車両が見えるので、そのうち見に行きたいですね。

ワールド工芸からキットが出ているので、今のうちにまとめ買いしておきましょう

カテゴリー: 鉄道 | コメントをどうぞ