3重化バックアップシステムをつくった

過去にとった写真などを大切にとっておきたいので、安全性の高いバックアップシステムをつくりました。

やったことは単純で、

・サーバマシン内でプライマリHDDとセカンダリHDDで一時間おきにファイルを同期 (RAIDだと柔軟性が低いためと、オペミスしたときに1時間までなら簡単に復活できる)

・家の中の離れた場所に、余っていたNETGEAR ReadyNAS102を設置し、中に入っているDebianを設定してSSH公開鍵を入れて、サーバからrsyncで同期するようにした

だけ。ファイルが削除されたり上書きされた時に警告する仕組みがほしいのだけど、今のところないです。ReadyNAS、NASとしての性能はびみょいけど、Debianで柔軟性があるのはいい。

rsync.hourlyは

#!/bin/sh

rsync -a --update /primhd/pict /sechd
rsync -a --update /primhd/doc /sechd
rsync -a --update /primhd/music /sechd
rsync -a --update /primhd/pict admin@readynas:/primhd
rsync -a --update /primhd/doc admin@readynas:/primhd
rsync -a --update /primhd/music admin@readynas:/primhd

こんな感じ。

HDDは経年していたので、すべてこの春に新品のWD20EZRZに揃えてある。意識はしてないけど、買った店は違うので、特定ロットによる不具合とかは発生しにくそう。高級HDDだって壊れるときは壊れるので、それより台数があったほうがいいと思う。

広告
カテゴリー: コンピュータ | コメントをどうぞ

Cisco Aironet 1142N teardown and inside photo 分解記録

Aironetが余っていたので、ちょっと開けてみました。

流石に丁寧な作りです。やっぱりPPCのメインボードとRFはPCIeでつながってるんですかね? Aironet 1252AGはMiniではない大きなPCIeでした。端子だけというわけではなくて、信号も規格通りな気がします。あくまで予想ですが。業務用APでもRFはこの程度の大きさなんですね、ちょっと驚き。

破壊するのも嫌なのでさっさと現状復帰しました。

カテゴリー: 通信 | コメントをどうぞ

SIM/ICカード遊びの話

sysmocom sysmoSIM-GR1(と思われるもの、すくなくともATRは同一)があきばおーで生シムとして売られているので、ちょっと遊んでみました。

pysimでプログラミングができます。一度実際にプログラミングができましたが、GrcardSIM – Cellular Infrastructure – Open Source Mobile Communications ここに書いてあるイレース用のAPDUコマンドをOpenSCで流し込んでもリセットはされるものの二度と書き込めません。あれぇ… pysimで細かいところが未実装っぽい?

pysimで任意のOperator name,Country code,MCC,MNC,ICCID,IMSI,Kiなどを持つSIMカードが錬成できるので面白そうなのですが、W-CDMAシグナリングテスタでも買わないと使いみちがないのが難点です。MSISDNも変更できれば任意の電話番号のSIMカードが錬成できてとっても楽しいのですが… pysim、最近は更新が止まっている模様で悲しいです。Pythonなので一応私も書けなくはないのですが

なお、JavaCardとしても使えるっぽいです。そうそう、JavaCardはそのうちやりたいなと思っていて、手元に実際にカードが5枚あるのですが、まだエミュレータを触って放置している段階です。

ISO7816-4に準拠したAPDUでICカードと対話できる人間になってみたいです。ICカードって、カードの中にコンピュータが入っていて素敵じゃないですか?

カテゴリー: コンピュータ, 通信 | コメントをどうぞ

軌道モータカー 富士重工業 TMC-400A のはなし

みなさん、保線してますか。

最近は保線車両、とくにモーターカーに魅力を感じて、積極的に撮影などをしています。隠れていますが、貴重な身近に見られる小型ディーゼル機関車です。そのなかでわたしの行動圏のJR東日本の側線でよく目にするTMC-400Aという子がいます。この子は富士重工業(先日株式会社SUBARUになりましたね)製で、平成3年前後に生産されていたようです。今回はそれの写真特集です。

秋葉原駅付近 万世橋駅跡

マーチ エキュートからガラス越しに撮った写真です。かわいいフォルムをしています

木更津駅

お気に入りの交通建設の塗装です。今作っている模型はこれの塗装です。ミクカラー!

荻窪駅

とても近くから鑑賞できます。

けん引・速度性能表

線路勾配 けん引重量(TON) 単車走行[KM/H] 重量けん引時[KM/H] 積載荷量(TON)
0 250 50以上 45以上 0.5
10/1000 220 50以上 10以上 0.5
25/1000 100 50以上 10以上 0.5

荻窪駅のプレートから、TMC-400Aの性能がわかりました。

ほかにも、中野の新宿方、三鷹の高尾方に保線車両が見えるので、そのうち見に行きたいですね。

ワールド工芸からキットが出ているので、今のうちにまとめ買いしておきましょう

カテゴリー: 鉄道 | コメントをどうぞ

近況など

最近やってること

・大学に行ってる

授業中は寝てる。友達はできてわいわいやってる

・TMC-400Aの塗装

最近は保線車両がマイブームで、交通建設のTMC-400Aを作ってる。ロゴのインレタの制作くらいまでは手をかけようかなと思ってる。初の模型作りなので、完璧にやっていきたいでし。Kobaru MP-23 グレーチングと縞鋼板蓋 というエッチングパーツをディテールアップの滑り止めとして、デッキに貼った。

・おしごと

PHPをかいてる。おしえてもらってるのにお金もらえてさいこう!! 初めてIDE(PhpStorm)を使っているのだけど、文明を感じる。Go to Declaration とか、Find Usagesとかとっても便利。

・Fujitsu SPARC Enterprise M3000をいじる

SPARC64環境が手元にあるなんて最高。適当に動かそうとしたGentooは動かなかった。最近のLinux Kernelに問題があるという話は聞いたので、最新のに入れ替えたブートDVDを用意したい。DVDブートしかできないので、一回一回イメージを錬成して焼かないといけないのが難しいところ。iSCSIブートとかで試験したほうがいいんだろうか…Oracle SolarisはSASチップを正常に認識しなかった。デバイスアドレスとかを調整するとうまいこと動くかもしれないけど、動かなかったらiSCSIを使うしかない。まあこのへんの格闘はいつかまとめたいです。

考えてみたら、最近は特殊な装置を使ってみたりするだけで、ものを作ったり電気電子系の技術を鍛錬したりしていない。技術力を落としたり追いつかれないように気をつけたい。

カテゴリー: コンピュータ | コメントをどうぞ

SMI-2021CBEが搭載されたキャプチャケーブルをLinuxで使った

SODIAL(R)DC60 – USB 2.0ビデオキャプチャアダプタとビデオ編集ソフトウェア SODIAL(R)

これを買いました。658円でした。中身はSomagic SMI-2021CBEというチップで、中華キャプチャケーブルのさらにコピー品らしいです。

幸い、有志が作成したドライバがあって、無事動きました。

easycap-somagic-linux

動作に必要なバイナリはこれです https://gist.github.com/yuvadm/10255880#file-somagic_firmware-bin

しかし、爆熱でつかいづらい。。。

追記 2018-02-02

なんかlibgcrypt11がXubuntu17.10には入っていなくてdebパッケージはaptにdependencyで怒られますが、普通にmakeすればあっさり動くsomagic-initとsomagic-captureができました。

[all variants] Easycap – Somagic – Linux Drivers

sudo somagic-capture -n | mplayer -vf yadif,screenshot -demuxer rawvideo -rawvideo "ntsc:format=uyvy:fps=30000/1001" -aspect 4:3 -

みたいにすればいい感じに表示されます

カテゴリー: コンピュータ, 買った | コメントをどうぞ

IX3110を買ったので、OSPFの練習をしていた

某社でバイトを始めたので、自分へのご褒美としてIX3110を買いました。熱がやばい。

せっかくなので、一度やってみたかったルーティング・プロトコルの練習をしました。

OSPFって、簡単に使うにはとっても簡単なんだね。広告するIFを指定するだけ。2つのIFから並列でIX2025とIX3110を繋いで冗長化とかなら本当に簡単。

ip router ospf 100
    router-id 192.168.4.1
    area 0
    network GigaEthernet1.0 area 0
    network GigaEthernet0.0 area 0
    network GigaEthernet2.0 area 0

こんな感じ。

でも、ヘアピンNATみたいなことのやりかたがわからない。多分できると思うんだけど…WAN側IPアドレス宛のパケットはループバックインターフェイスに突っ込んで、NATをかけるとか… うまくいかない。

参考になったページ

UNIVERGE IX シリーズ 設定事例集(PDF)

NEC UNIVERGE IXシリーズ 基本的な設定

カテゴリー: コンピュータ | コメントをどうぞ