DE15ディーゼル機関車(ラッセルヘッド)シミュレータを本物部品とPythonなどでつくった

まずは上の動画をご覧ください。

以前から本物の部品を収集してきましたが、ついに! 秋田臨海鉄道でDE15ラッセルヘッドのブレーキ弁を手に入れ、左右が揃いました。

ブレーキ弁も大変で、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

https://elchika.com/article/aae3cd6c-f63b-4ef0-9730-9b1c99417a27/

あとはすでに作ってあったシミュレーションソフトをつなぎこんで完成です。

リポジトリはこちら

https://github.com/mipsparc/DE15

PythonとArduinoでできています。計器の針をサーボモータで動かすのが一番大変でしたw

チャンネル登録高評価、おねがいしますね!

カテゴリー: コンピュータ, 鉄道, 電気電子, Python パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中