IPv6の功罪 知らぬ間にインターネットにポートが露出していることの危険性

先日、これまでVDSL onlyだった自宅マンションにNURO光が引かれたので、速度に惹かれて即座に回線を乗り換えました。NURO Bizではなく、家庭向けの回線ですが、コンスタントに高い速度が出るので、とても満足しています。家庭向けの回線なので、これまでの回線で使えていた固定IPv4アドレスと逆引きが使えなくなったのは残念ですが、仕方ありません。もっとも、調べてみるとIPv4アドレスはほぼ変わらないようです。こちらは要確認です。

代わりに、以前は使えていなかったIPv6が使えるようになりました。ほぼ変わらないグローバルIPv6プレフィックス(/64)がONUに割り当てられています。ICMPv6のRS(Router Solicitation)とRA(Router Advertisement)により、端末のインターフェイスのMACアドレスから生成されたグローバルIPv6アドレスをインターフェイスに割り当てることができます。

ここでポイントは2点あります。ひとつめは、DHCPv6ではなくRAによる生成なので、割当プレフィックスに変化がなければアドレスは不変です。また、各端末のインターフェイスにグローバルIPv6アドレスが割り当てられます。今日はこれが本題です。

ルータ(ONU)は挟まっていますが、NAPTやNATは行わないので、インターネットに各端末が直結している形になっています。これはなかなか不安になりますね。試しに [::]:適当なポート にHTTPを割り付けてみただけで、ネットワークの設定はせずに外部からのアクセスができてしまいました。とても便利ですが…NAT設定を変えなければ大丈夫という古い考えの場合、大きなリスク要因です。

自宅のサーバについてnetstat -aしてみたところ、Sambaがインターネットから直接アクセスできる状態でした。そのため、アタッチするIPアドレスを固定して、v6では使えないようにしました。パスフレーズは設定していたので、直ちに問題になる状況ではありませんでしたが。

考えられる事故事例

  • 家庭内にNASを設置している場合、プライベートネットワーク内からしか見られないと勘違いしてパスフレーズを設定していなかった。しかし、NASにもグローバルIPv6アドレスが割り付けられ、外部から参照可能であり、情報流出・改ざんが発生した。
  • NASを設置しており、パスフレーズは設定していた。しかし、メンテナンス用にtelnetが開いており、簡単な既知のパスフレーズでシェルに入ることができたため、情報流出・改ざん、ネットワークへの侵入が発生してしまった。
  • イントラネットのみに公開していた社員専用Webサービスにアクセスされ、いたずらでSQLインジェクション攻撃をされ、データベースが破壊されてしまった。

以上のように、これまではNATにより守られていた機器がインターネットに露出することにより、危険性は上昇します。

不特定多数への攻撃なんてあるのかと疑問に思うかもしれませんが、現実的にありえます。NICTのNICTERの資料などをご覧ください。先日のNICTオープンデイでも、当該研究をされている研究員の方にお話を伺いましたが、特に家庭用ルータ管理画面の脆弱性を狙ったものが無差別に来ているようです。

もっとも、IPv6はアドレス空間が極めて広大なため、ランダムなIPv6アドレスへの攻撃は難しいです。現状でIPv6にもそのような攻撃が存在するのかを調べてみたところ、2013年の研究( https://www.idsv6.de/Downloads/2013-13-06-BMBF_10_darknet.pdf )では、9ヶ月ハニーポットを運用して、1IPv6アドレスにつきTCP反射パケット(IPアドレススプーフィングなど)が1157パケット、ACKスキャンが15パケット来たそうです。現状ではランダムな攻撃を受けるリスクは大きくないですが、IPv6アドレスが攻撃者の手に渡らない前提のセキュリティは危険でしょう。

 

 

広告
カテゴリー: コンピュータ, 通信 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中