NEC IXシリーズから情報を取得するやつをつくった

telnetで簡単に作れそうだったので、しばらく前に作ってみました。

スクリーンショット_2016-04-23_19-39-20

python3 ./ix_tools.py 192.168.0.1 username password とすると動きます。

一番欲しかったのはARPとDHCPリースですね。これで適当に機械をつないだ時にそれのIPアドレスが一発でわかります。コマンドの追加は自由に可能です。もっと綺麗な仕組みにしても良かったですが、これだけで十分なので。なぜかIXはタイミングの問題かPythonからtelnetの一切のオプションを送るとセッションを切られるので、set_option_negotiation_callback(lambda x,y,z:None)とやることでオプションの送出をカットしています。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中