Ubuntu13.10でNetworkManagerを使ってH3C S5100とbonding(802.3ad)する

DSC01428

右側4ポートは仮配線.ケーブルが足りない…

Ubuntuでのbondingの方法として,よくNetworkManagerを殺して/etc/network/interfacesに書く情報しか見つかりませんが,調べてみたらNetworkManagerでもできそうだとわかりましたので,やってみました.802.3ad+LACPです.

が,ハマりました.

普通に追加→Bondで作成できますが,なんと,Ubuntu14.04に採用された0.9.8.4以前のNetworkManagerでは,強制的にラウンドロビン(balanced-rr)モードになってしまいます.(参考:Bug #1178505 “NetworkManager reverts all bond modes to balanced-…” : Bugs : “network-manager” package : Ubuntu)

そこで,14.04のNetworkManagerのdebファイルだけを突っ込むことにしました.力技です.正しいかはわかりません.

ここの一番下のとこからdebを落として,

Ubuntu – trusty の network-manager パッケージに関する詳細

要求されるlibmm-glib0をPPAで別途入れます.他にもいろいろアップデートされたりましたが,気にしません.

UbuntuUpdates”libmm-glib0″ (saucy 13.10)

dpkg -i network-manager_0.9.8.8-0ubuntu5_amd64.deb

で突っ込みます.

sudo echo “network-manager hold” | sudo dpkg –set-selections

で固定します.これで完成です.やったね

ここからはH3C S5100についてです.

とっても簡単ですが,メモついでに残しておきます.

  1. まず,リンクアグリゲーショングループをlink-aggregation group 1 mode staticで作ります.1はグループIDなので,適当に指定します.
  2. 利用するポートをlacp enableとport link-aggregation group 1します.
  3. display link-aggregation verboseで接続を確認します.

これだけ.

今回とりあえずメイン機に設定して,サーバとX61s(有線)をクライアントにiperfしてみました.

1本ではどちらも450Mbpsほど,2本ではどちらも800Mbpsほど出ました.サーバで一本独占では950Mbpsほど出ました.

割といい成績だと思います.あとでサーバでも使えるようにしたいです.あと,UTPケーブル買わないと.

S5100面白い.

追記:そういえば,こいつの日本語コマンドリファレンスがWeb上から消えた気がします.探しても見つからない.HPの方針転換のせい?

広告
カテゴリー: コンピュータ, 通信 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中